読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グレのはいはい日記

時間がありすぎて始めました。忙しくなってフェードアウトするのが目標です。

膨満感という悩み

お腹が張って苦しい。すぐにガスが溜まる。。こんな症状に悩まされ出したのは中学生の半ばの頃でした。
既にこの頃、学校生活においても、親の前でもいい子でいようとものすごい努力と背伸びをしていたので、日常的にストレスが出ていたのかと思います。

思春期ですのでこんなセンシティブな悩みはなかなか誰にも言えず、ある日、母親にやっとのことで打ち明けました。心配した母は心療内科にわたしを連れて行きました。
初めての心療内科。やっぱり緊張しましたが、お医者さんに話せば何かいい方向に向かうかも。と期待せずにはいられませんでした。

しかし。
わたしを診察してくれたおじさん医師は、年頃の女の子の悩みと症状を聞いた後、にっこり微笑んで
「高校生になったら環境が変わって治るよ〜」
と一言述べて終わりました。

そうですね、何十年も先輩のあなたにはお腹が張って苦しい、恥ずかしいなんて可愛らしい乙女の悩みは悩みのうちに入らんのでしょう。
ってばか〜!!
高校行くまでにまだ1年以上あるわ!今、どうにかしてくれ。ばかもん〜!と楯つくこともできず、悲しいかな、この悩みを中学校・高校(結局、治らない…)と引きづるはめに。。

大学生になっても、その後も、現在も治ることなく、ずっと膨満感はあります。特に今は、パートが忙しかったり、育児疲れしているときなどにひどくなります。
でも、中学校・高校のように集団行動しなければならないなんてことはないので、辛くなりそうなときは、ささっとお手洗いに向かえることが救い。
もしかしたらグレさんってよく席立つなぁ。なんて思われてるかもしれませんが、まぁわたしの体に付き合ってくれるのはわたししかいないので、この際このことに関しては、大目に見てね。てへぺろ。と開き直っています。

年をとるに連れて、膨満感自体が治ることはないですが、精神的に図太くなってきたことで、悩みの大きさが小さくなってきたかな。という具合です^ ^
あの当時はおじさん医師を恨みたい気持ちにすらなりましたが、今となっては流せるくらい大人のレディになりましたことよ。というお話でした。
f:id:gracehi:20160202095731p:image