読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グレのはいはい日記

時間がありすぎて始めました。忙しくなってフェードアウトするのが目標です。

もっと大げさに言う。伝える。

先週のバレンタインデー当日に、ダンナと大ゲンカしました。。
そもそもの発端は忘れてしまったのですが、金曜日の午後に保育園からプチが熱を出したと電話があり、早退して迎えに行き、土曜も看病していたら今度はダンナまで体調が悪い。と言い出して、何かもう疲れてイライラしていたんです。

そして日曜の夕方に爆発。
小さなことが引き金になって、たまりたまっていた不満をぶつけたら、向こうも応酬してきて、険悪も険悪になりました。
今思えば、我が子の前であんなに言い合いしてしまって、プチには申し訳なく思います。

ダンナにもう離婚したほうがいいんじゃない?なんて言われて、そんなことより今この瞬間一緒に居たくない!って返して、スポーツバッグに適当にプチとわたしの衣類を詰めて出て行こうとしましたが、プチがまだしんどそうだからという理由で踏みとどまり。
わたしはダンナのことを嫌いではないし、多分ダンナもわたしのことを嫌いとかそういうんじゃないんです。
ただ、お互い余裕がなくて。

ダンナの実家は少し複雑で、ダンナ自身あまり寄りつかないし、わたしはわたしで自分の親の考え方と合わないので、親にみてもらうというのはほぼ皆無でやってきました。
だから何かあったときはダンナにしか言えないし、ダンナも同じで、分からないながら負荷をかけあいながらも生活をまわしてきた。そして、たまにそれに疲れてしまう。
ただ、そんな感じだと思うんだけど。

そのことを互いに分かりながら、当たる相手がいなくてひどいことを言ってしまう。
わたしが欲張りすぎかな。と頭をよぎることもあるけれど、いつか病状が重くなってやりたいことを上手くできないことがあるかもしれない。と思ったら、やりたいことはやりたいんです。子どもがいても、持病があっても、わたしの幸せを考えて行動することを止めたくありません。

まぁ、夜に言いたいことを言いきってしまって最終的には落ち着きました。
そして、かっかと血の上った頭だったけど、ダンナの言い分もたくさん聞いて、ダンナの気づかいに対して、きちんと感謝を伝えられてなかったことに気が付きました。心のどこかで父親なんだからそれくらいして当然。と思っていた部分があって、それが態度にまで出てしまっていたんだな。と。

火山の噴火のようなケンカにならないように、何でも当たり前と思わず、ダンナがしてくれること・思ってくれることに対して、欧米人のリアクションくらいの大きさでありがとう。助かる。とその都度伝えようと決意しました。
こうしながら、夫婦としても成長していけたらいいのですが…^^;どうなることやら。