読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グレのはいはい日記

時間がありすぎて始めました。忙しくなってフェードアウトするのが目標です。

くつしたにまつわるエトセトラ

だいぶと昔にダンナの同期の奥さんと話していたことを思い出したので。
ダンナ、幸運なことに同期入社の同僚に恵まれていて、わたしもその奥さんやお子さん達と仲良くさせてもらっています。
同期が仲良し。ということで、見知らぬ土地に越してきたときも、本当に良くしてもらい感謝しています。

さて、ある日の昼下がりに何を話していたかと言うと「旦那の仕事用の靴下」についてです。
その奥さんの主張はこう。旦那の職場に履いていく靴下はぜーんぶ同じものにしたい。例えば全部黒の無地とか。
そしたら、洗濯し終わってたたむときにいちいち柄合わせしなくてよいし、片方だけ破れたとしても同じ無地だから新しいのを片方補充すれば無駄にならないでしょー。ザ・合理的。
でも旦那さんはそれはヤダ。と言うらしい。

一通り聞いて、うちも全部同じ靴下で統一できたら、わたしは楽になるな。と思いながらも(うちはそうしてないし)、その旦那さんの気持ちも少し分かる気がしました。

だってさ、男にもおしゃれ心があるんだよ!うちのダンナ、UNIQLOで靴下選ぶとき真剣だもん。女のわたしからしたらほとんど同じに見える靴下の中(ごめんね。。)から、派手過ぎず、でもワンポイントとかリブになってるとかちょっとだけ格子の柄やダイヤの柄がついてるとかこだわってるから。ズボンの下に隠れて見えないだろうけどさ。でも他人のためでなくて、自分のためなんだろうな。

さらに考えるのが好きなわたしはこうも思う。
会社員という身分で会社に所属して、毎日指定のユニフォーム(ダンナ達の会社は制服ありなんです)を着てさ、長時間お尻が悪くなりそうなくらいデスクに向かって一生懸命仕上げた書類が上司に数分でバッテンされたり、怒鳴られたり、カレンダーのシステムにその時間は会議って書いてあるはずなのに何件も時間かぶりの会議招集のメールが飛んできて、結局都合つけて出席したら、主催者のやつが持ってきた資料がスーパー中途半端でテメー、オレの時間を返しやがれ。みたいな出来事に翻弄されてる彼らの隠れたレジスタンスなんだよ!
そう、あのちょびっとだけおしゃれな靴下は自由の象徴!ビバ、フリーダム!有休取らせてくれ、たまには早く帰してくれ!

と1人盛り上がってしまい、
「グレちゃんって変わってるよねー(くす)」と彼女に笑われてしまいました^^;