読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グレのはいはい日記

時間がありすぎて始めました。忙しくなってフェードアウトするのが目標です。

グサッ。ブチッ。

夫婦げんかのことを書いたばかりなのに。
けんかというか
冷戦のような状態になってしまいました。

そもそもの発端は、
プチの躾けについての考え方の相違。

〔グレの考え〕
プチはまだまだ小さく言葉も少ししか話せないので
感情を表現しきれないからわめいたり、
叫んだりするのはある程度仕方がない。
大きくなるに従って、徐々に治まるだろう。

〔ダンナの考え〕
小さいとはいえ、
都合が悪くなると叫んだりするのが癖になるといけない。
きちんとその都度、注意して止めさせる。

グレとしては、
危険なことや度を超えていることに対して
厳しくしておけば、後はまぁいいかな。くらいでいたので
ダンナが毎回毎回きっちり叱るのを見かねて、

「まだまだグズりがこれからひどくなる頃だし、
周りの少し上の子達なんかもっとすごいよ。
グズってご飯も食べなくなったりしてるから」と言うと、

「小さいうちからダメなことはダメだって教えないと」とダンナ。

「ダンナは他のところの子をあんまり見たことがないから、
プチはよそに行ってもけっこう大人しくしてる方だよ」と返したら、

「そんな(甘い)ことしてたら、
◯◯さんちの子みたいに育つよ!」と言われて

グサッ。
ときてすぐに漫画みたいに
ブチッ。
ときました。

なんでよそ様の子と同じになるの?
今までそれなりに勉強したり考えて、
プチと接してきたのに。。(一瞬だけ涙目)

「…もう、いいわ」とポツリつぶやいて、
別の部屋に引きこもりました。

30分程は、
プチやダンナの声が聞こえてきても
部屋でひたすらボーッと聞き流していました。

それから少しして部屋を出て台所へ向かい、
ひたすら夕飯を作ることに集中しました。

プチがそろそろ寝る時間になって、
眠気のせいで少し騒いできた頃に
話はしないものの、
ようやくプチとダンナと同じ空間の空気を吸いました。

お互い相手の出方を伺っていたと思うのですが
プチがダンナに抱きついて、
今度はグレに抱きついて。を繰り返して
微笑ましい雰囲気を作ってくれたので、
冷たい壁のようなものも溶けてしまいました。

最後はいつのまにか円満に解決したのですが、
誰かと比べられるのはキツイよー。。
それは反則だわっ。と感じた出来事でした。